りんさんのブログ rinringo5.exblog.jp

働きはじめて20数年。子供が生まれ、2016年11月にお受験を体験しました。


by りん
プロフィールを見る

小学校受験をする子にむけられる視線


昨年の10月頃は、週に3回位は、幼児教室に通っていましたので、平日、2回位は早くお迎えに行ってました

娘の行っていた園では、ボードがあり、そこにお迎え時間を記入する方式だったので、他の方に分かってしまうのです

小学校受験を本当はしたいのよね~と言っていたママは、チェックしていたようで、受験が終わってから、「平日、帰りが早いし、11月に休んでいたから、もしかしたら・・・と思っていたののよね~」と言われました122.png

人の家庭のことは、皆さん興味津々なんですよね

そして、11月に保育園にいる娘を見つけ、「どこの小学校受けたの? どこに行くの?」と聞いたらしいです

娘は、年長のママだけでなく、年中のママからも聞かれたらしく、「いろんな人が聞いてくるの148.png」と言っていました

「娘には、パパとママが選んでくれる学校です」「素敵小学校です」と言いなさいと言ってましたが・・・

私は怒り心頭でした133.png

だって、合格いただけず、落ちていたら、どうするのでしょう

傷ついているかもしれない子どもに、そんな質問するのでしょうか?

本当にデリカシーのない人達と思ってしまいます

子ども達の最善を考える人たちだったら、そんなことできない

私は「教育ママ」と揶揄されてもいいです

だって、本当に娘が素晴らしい教育を受けることを願っていますから、

家庭教育、学校教育、幼児教育・・・

色々な教育があります

娘が、この世界にとって、すばらしい人格の人間になることを願って、教育しています

小学校受験を、ペーパーばかりの教育と決めつけている人になんと思われても結構!

(去年の怒りが復活していまいました・・・すみません)






応援宜しくお願いします♪
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by rin-rin-go-go | 2017-10-12 17:01 | 子供:小学校受験 | Comments(0)